あいちトリエンナーレで、みんなが集まる場所をつくる(コロカル)

〈あいちトリエンナーレ2016〉現場レポートシリーズvol.2がコロカルに掲載されています。今回は、小田桐奨と中嶋哲矢によるアーティストユニットL PACK.による『“E”についての設計(Scheme for the “E”)』の制作レポート(前編)です。

aichi_vol2

※「コロカル」はマガジンハウスが発行するWebマガジンです。日本の“地域”をテーマに、2012年1月に運営を開始。

Related Posts

「アッセンブリッジ・ナゴヤ2016」アートとゆっくり邂逅を遂げた港まちが今、おもしろい。(LIVERARY)

「アッセンブリッジ・ナゴヤ2016」アートとゆっくり邂逅を遂げた港まちが今、おもしろい。(LIVERARY)

芸術が誘う創造力への旅ー「あいちトリエンナーレ2016」レポート(JDN)

芸術が誘う創造力への旅ー「あいちトリエンナーレ2016」レポート(JDN)

「アッセンブリッジ・ナゴヤ2016」前衛集団・ヒスロムが企てた、壮大なるフィールドプレイ。(LIVERARY)

「アッセンブリッジ・ナゴヤ2016」前衛集団・ヒスロムが企てた、壮大なるフィールドプレイ。(LIVERARY)

コメントは受け付けていません